離乳食の基本

離乳食の薄味ってどのくらい?1回に使える具体的な調味料の量

薄味ってどのくらい?

よく離乳食は薄味がいいと聞くけど、実際薄味ってどのくらいなの??
という質問を頂きました!
そうですよね、薄味っていっても人それぞれ感じ方もありますし、難しいですよね!!
この記事では塩分量を具体的に書いてよりわかりやすくしてあります。

離乳食はなぜ薄味なの?

赤ちゃんは味覚が敏感という話は聞いたことありますか?
赤ちゃんは舌にある味を感じる細胞の味蕾(みらい)の数が多く、調味料で味をつけなくても素材の味だけで十分おいしいといわれています。
そして味覚意外にも体(内臓)の事なども影響してきます。
赤ちゃんの内臓は大人に比べて未熟でまだ完成していません。
調味料には「塩」が入っていますよね。この塩の量が赤ちゃんの体にはまだ負担になることが多いのです。
この辺りはまた改めて記事にしたいと思います!

そして大人の料理の薄味=離乳食の薄味ではないので気を付けてくださいね。

離乳食の薄味の基本

では本題!

離乳食期は基本的に味付けは調味料に頼らず、素材の味を生かす事が大切です。
そして9〜11ヶ月頃にようやく少しずつ調味料で味をつけていきます

※ここで言う味付けとは「調味料」を使用して調味することを指します

★5~6か月頃

味付けしない

離乳食に慣れてきたら、昆布だしや野菜スープを使用してのばす程度。
母乳や育児用ミルク、離乳食の食材にも塩分(ナトリウム)が含まれているので、母乳や育児用ミルクをよく飲み、離乳食も良く食べていれば、生きていくのに必要な塩分は十分であり、調味料を使って離乳食に味つけをする必要がありません。

★7~8か月頃

基本的に味付けはしないが風味づけ程度ならOK

使える調味料の種類

使える調味料は、
だし汁
味噌
しょうゆ
砂糖
です
(ほんとにごく少量です!)

風味付けは離乳食を食べない子or飽きてしまった場合に有効です
離乳食を食べたがらない子供が味をつけることでよく食べるようになる場合もあるので、その場合は塩分濃度0.5%以下になるように味付けしてみてくださいね!
ちなみに市販のベビーフードの塩分濃度は0.5%以下に調整されていますので参考にするとよいと思います!

→8ヶ月頃からは(あくまで目安)
バターなど油脂類
が風味付けとして少量使用できるようになります

★9~11か月頃

大人の1/5程度の味付け

基本は素材の味をいかし、 味付けする時は大人より薄めにしましょう。
この頃の塩分量の目安は1.5g/日(食事摂取基準より)で、濃口しょうゆにすると小さじ1程になります。
意外と多いな、と思いましたか??

この頃は2回食なので、
1回あたりにすると大体濃口しょうゆで小さじ1/2程度(塩分量0.5g)になります。(母乳に含まれるナトリウム量差し引き済みで)
この時期も素材の味を生かして味付けに使用する調味料はかなり少なめにしておくと良いでしょう。
目安は大人の1/5くらいです。

使える調味料の種類と量(代表的なもの)

塩分量は0.5g/回

★しょうゆ小さじ1/2 1回あたり
★味噌小さじ1/2 1回あたり


※上記の調味料の量は単品で最大量使用した場合になります。
野菜やその他食物、だしにもナトリウムが含まれるので調味料から上記の塩分を摂取してしまうと摂りすぎになる可能性があるので使用量は加減しましょう。

★1歳~1歳半

大人の1/2〜1/3程度の味付け

この時期になるとかなりいろいろな食品が食べられるようになってきて、調理法にもバリエーションが出てきますね!
味付けに関しても素材の味を生かして薄味ということを基本に、もう少し大人に近づけた味付けができます。

この頃の塩分量の目安は3g/日です。
大人の塩分量の目安が約7.5~9g/日なので大人の1/2〜1/3程度の味付けが目安です。

この頃は3回食なので、
塩分量は大体1g/回(しょうゆだと小さじ1程度)になります。

ちなみに大人の1日の塩分摂取量は平均10gというデータがあります。
なのでうちは薄味!と言い切れないご家庭の食事は元々の塩分量が目安よりも多い可能性があるので、単純に大人の食事の1/2〜1/3程度の味付けにすると
赤ちゃんにとっては少し濃いかもしれません。

大人の食事において、おかず1品の塩分量を1gにすると健康にもよく薄味すぎずおいしく食べられる塩分量になります。
普段から味付けが濃いなというご家庭はこの期に一度塩分1gのおかずを作ってみて、その味を目安に調味料を減らして離乳食を作ってみるのもよいかもしれませんね^^

使える調味料の種類と量(代表的なもの)

塩分量は1g/回

★しょうゆ小さじ1 1回あたり
★味噌小さじ1.5 1回あたり
★ケチャップ大さじ2 1回あたり
★マヨネーズ大さじ3.5 1回あたり

※上記の調味料の量は単品で最大量使用した場合になります。
野菜やその他食物、だしにもナトリウムが含まれるので調味料から上記の塩分を摂取してしまうと摂りすぎになる可能性があるので使用量は加減しましょう。

※マヨネーズは油、ケチャップは砂糖の量を考慮して計算していないので、最大量使用すると塩分量は大丈夫でも油と砂糖の摂りすぎになる可能性がありますので、量を加減しましょう。

まとめ

<離乳食はうす味で、素材の味を活かしておいしく>

赤ちゃんは味を敏感に感じます。なので素材の味だけで赤ちゃんには十分美味しいのです。

ですが、調味料での味付けも色々な味を知るというとても大切な事でもあるので、各月齢での目安を守りつつ行っていけるといいですね。