mogbaby(もぐベビー)とは

離乳食、大変ですか?
それとも楽しいですか??

離乳食を始めると「食べてくれない!作るのが大変…」といろいろな悩みが出てくると思います。

私も2014年にママになり、
何もわからず準備も特にしないまま離乳食がスタートして試行錯誤した記憶があります。
私は管理栄養士の資格を持っており、
離乳食の事はもちろん学校で習いました。

でも、やはり実際に自分が離乳食を与える立場になるとわからないことだらけ!

教科書通りにいかない・・・
育児書に載っていない細かな部分がわからない・・・

他の方より少しだけ知識はあるはずの栄養士ですら、
実際に自分の事となったらこんな状態なので、
子どもが生まれて初めて離乳食に直面したママたちは
困っている人多いはず!
とその時強く思いました。

実践的な離乳食を学べる場をつくりたい

私は料理が好きで料理教室もやっています。
なので幸いにも
「離乳食を作る」
ということに困ったことはありません。
(作るのがめんどくさいと思ったことは数え切れないくらいあります笑)  

自分なりにいろいろと工夫もして
大人用の食事も離乳食も同時に楽に作れるレシピを考えたりと、
どちらかというと離乳食作りは楽しみながらやっていたなぁと思いますし
おかげさまでうちの息子はたくさん食べてすくすく育ち
今では「食べること」が生きがいの生命力の強い?!子に育っています(笑)


離乳食が終わった今、
自分が試行錯誤して見つけてきたものを「困っている最中」のママに活用してもらいたい!

そして 情報があふれる世の中で、
栄養士としてきちんと根拠のある情報を責任を持って届けたい!
離乳食本には載っていない役立つ情報を届けたい!

という想いから2017年より名古屋市内で
「離乳食を今よりももっとラクに・ママが笑顔になれる離乳食」
をテーマに、「魔法の離乳食レッスン」がスタートしました。
開催から2年が経過した今、多くのママたちが通ってくれています。

詳しくは離乳食教室のページをご覧ください

さらに多くの人に届くように

そしてこのサイトmogbaby
魔法の離乳食レッスンに参加できない方どなたにでも届くように、
よくある質問やレシピを中心にオンライン上にまとめたものになります!!
このサイトが多くのママのお役に立てたら嬉しいです。

~番外編~子どもの栄養と大人の健康

私が子どもの食育の他にやっているのは大人向けの健康支援です。
元々はそちらが専門で、糖尿病をはじめとする生活習慣病を専門に管理栄養士として病院などで治療の一環としての食事の話をしています。

糖尿病を良くするには食生活の改善がとても重要となってきますが、
この食習慣を大人になってから変えることは簡単なことではなく、
長年の習慣を変えることに苦しんだり、結局変えられず病気を良くすることができなかったりすることがとても多いのです。

多くの患者さんと関わる中で、
やはり人生100年時代を楽しく生き抜くためには 大人になってから改善するのではなく、小さな頃からの食習慣がとても大事だと思うようになりました。
そのはじめの一歩が離乳食です。
また離乳食をきっかけにご両親の食への意識が変わり食習慣が変わることも多々あります。
離乳食は赤ちゃんがくれた家族で楽しく幸せに暮らすためのきっかけでもあると思っています。

そして小さな頃に身についた食習慣は一生モノです。
「食育」が子どもの未来へもたらすものの大きさは計り知れないと思っています。
子どもの頃から、 健康な食習慣を自分自身で考え選択していける力を身につけていってもらいたい と切に願います。

2019.5 もぐベビー編集部 代表

 

ずっと使える知識

基本的には離乳食の内容ですが、応用すればこれから先もずっと使える知識をお伝えしています。

信用度の高い情報

本サイトでご紹介する情報は全て現場経験豊富な管理栄養士監修となります。情報があふれる世の中で、確実な情報のみを責任をもってお届けします!

五感で楽しむ

mogbabyでは「五感」を大切にしています。

人間の脳の細胞の数は大体5~6歳までに決まると言われています。脳細胞の数を増やすために必要な刺激を五感で感じられるような情報を提供していきます。色、香り、口に含んだ食感、音と歯ごたえ、色んな感覚を感じていきましょう。