離乳食の悩み

離乳食バナナしか食べないので心配、大丈夫?

バナナしか食べなくなってしまった! 

バナナは口当たりもよく甘くて離乳食期の赤ちゃんにとって大変おいしいものです。
バナナをあげてみたらそればかり欲しがってしまうようになった!!とか
バナナしか食べてくれません・・・
という相談、実はとってもよくあります。
バナナは栄養たっぷりだから!と言いますが、やはりバナナに偏るのはよくありません。

バナナしか食べなくなる本能的な理由

まずバナナが赤ちゃんに好まれる理由から見ていきましょう。
甘味、塩味、うま味は身体が必要とする食べ物の味といわれており、生まれながらにして好まれる味です。
一方で野菜などの味は繰り返し経験することによって味を覚え「おいしい!」となっていきます。

したがって野菜などの味を繰り返し習得しているときに、
甘くておいしいバナナを赤ちゃんに与えると
バナナの甘味は本能的にとてもおいしい!!と感じる子が多いのです。

なのでバナナなどの甘い食べ物は野菜よりも食いつきが良く、
目の色を変えて喜んで食べ、
一度覚えてしまった味を忘れることができずにバナナばかり欲しがってしまうことになります。
ちなみにこれはバナナに限らず甘味の強いもの全般に言えることです。

離乳食の目的は何かもう一度考えてみよう

喜んで食べてくれるなら…とついついあげてしまうこともあると思います。
また、離乳食をあまり食べてくれない子となると
「栄養をちょっとでも取ってほしい」とか「ちょっとでも食べてくれるなら」と余計にあげたくなってしまいますよね。

しかし!ちょっと思い出してほしいのが「離乳食の目的」は何でしょうか?
離乳食は食べ物に慣れるということが主な目的です。

バナナを控えること   

赤ちゃんの将来に影響

本能的に美味しいと思うバナナの味に慣れてしまったあとに、まだ慣れていない味の野菜やそのほかの食べ物を美味しいと思うことはなかなか難しいですよね。
離乳食期に様々な味や食材を経験させてあげることで、子供の味覚が豊かになり成長しても好き嫌いが少ない子供になると言われています。
少し大げさですが離乳食は赤ちゃんの人生も実は左右しているのです。

バナナでお腹がいっぱい

バナナしか食べなくなる理由としてもう一つ上げられるのが、
バナナ以外食べないとそのうちバナナがもらえるので
バナナでおなかがいっぱいになってしまい他の食べ物はいらない、
おなかがすいたらまたバナナという悪循環です。

つまりバナナしか食べないからという理由でバナナをあげているのなら最初は赤ちゃんが泣いたりして心苦しいと思いますが、心を鬼にしてグッとこらえるようにしていきましょう。
どうしてもお腹がすいたらそのうちバナナ以外のものも食べるようになりますよ!

とはいっても「バナナの味を知る」ということも離乳食の大事な役割の一つですので全くあげないというわけではなく、うまく利用していきましょう!

対策① 1回量を決める 

困った時のバナナと言うようにバナナに依存しないようにまずは回数や量を決めましょう。

量の目安

3回食の場合

詳しくは別記事にしますが、
果物の量は野菜と合わせて30~50g(月齢により変動)です。
気をつけるべきは野菜と合わせてです!
そして基本的に野菜なしで果物のみでの摂取はNGです。
となると1回の目安量は1cmくらいの輪切り1個程度で十分と言えます。

2回食の場合

2回食の子の場合は上記の3回食の子よりも必要な量はさらに少なくなりますので、より与えすぎに注意です。

対策② 他の食材を食べられるようになるきっかけにする

とは言え、それでもバナナしか食べてくれない場合、バナナを他の食材に慣れるためのきっかけにしてしまいましょう!!

バナナを他の食材と混ぜ、他の食材の味にも慣らしていきます。
そしてバナナの分量を徐々に減らしていくと他の食材の味に触れることもできます。
野菜が苦手な子なら甘味の強い野菜から再度始めてみるのもいいかもしれません。
苦手とされる野菜は甘味の強い野菜と一緒にあげることで、そちらの味も慣れていくことができます!

まとめ

繰り返しますが離乳期は赤ちゃんの味覚や人生を左右しているとても大切な時期です。
赤ちゃんの言いなりになってしまうと、偏食や好き嫌いの多い子になってしまいます。
赤ちゃんの健康を守れるのは私たち大人です。
将来好き嫌いなく何でも美味しく食べられるような豊かな人生にしてあげたいですね!

※3回食で離乳食から栄養摂らないといけないのに、バナナしか食べてくれないときはどうしたらいいの?という場合はこちら