離乳食の基本

離乳食を早く始めたい!早く始めてもいいの??

離乳食を始めるのは何か月からが良いのか?

遅いほうがアレルギーになりにくいって聞いたことあるし、

でも赤ちゃんは食べたそうな雰囲気だし・・・

などなど色々と悩みますよね!そんな相談たくさん頂きます!!

では順番に見ていきましょう!

 

【ガイドラインでは】

まず「授乳・離乳の支援ガイド」など多くの離乳食の指標とされているガイドラインでは5.6か月から始めるとよいとされています。

 

離乳食の開始の目安として、

  1. 探索(乳探し)反射が弱まる
  2. 吸啜反射(口に入ってきたものを強く吸う)が弱まる
  3. 舌をあまり出さなくなる
  4. 食べたそうなしぐさが見られる
  5. 食べたそうに口を動かす

などがあげられます。

 

育児が忙しくて、赤ちゃんが寝てから食事をされているママもいるかと思いますが、パパやママの食事は赤ちゃんの食への関心にもつながりますので、

パパやママの食事をしている姿をぜひ見せてあげてくださいね。

 

【始める時期について】

では、「早く始める」のはどうでしょうか?

結論から言いますと、5か月より前に早く始めるのは、おすすめしません。

理由としては、まだ食に対してあまり興味のない子に無理強いしてしまうと、その後の離乳食に対して嫌なイメージがついてしまい、離乳食の進みが悪くなってしまう恐れがあるからです。

また消化器官も未熟ですので、早すぎる離乳食は食物アレルギーを引き起こしてしまう可能性も否定できません。

 

 

そして、「遅くとも」6か月には開始しましょう。

赤ちゃんは離乳食を通して食べる練習をします。

その時の口の発達に合った離乳食を食べることによって食べ方を学んだり口腔機能の獲得をしていくのです。

アレルギーが心配だから…

離乳食が面倒だから…

などと言って、自己判断で離乳食の開始を遅くするのはやめましょう。

赤ちゃんの成長の過程に必要な機能を適切な時期に習得することができなくなってしまいます。

アレルギーが怖いという方もいるかと思いますが、アレルギーを怖がらずに通常通り離乳食を開始してみてくださいね!

 

【アレルギーが気になる場合】

ご両親や身内に重篤なアレルギーがある方がおりアレルギーが心配という方はかかりつけのお医者さんに相談してから開始してもいいかと思います。

 

【低体重児で生まれた場合】

またもう一つ、低出生体重児は医師に相談してから開始するようにしてください。

修正月齢から開始するのかなど個人の発育に応じて、対応が異なってきますのでご注意ください。

 

人にとって生きていくうえで欠かせない「食」。

その食事を通して、生活のリズムを整えたり、家族と楽しい食事をしたり、コミュニケーションを取ったりと楽しく進めていってくださいね。